マーケティングオートメーションで顧客情報の蓄積が可能になる

マーケティングオートメーションを活用するメリットと言うと、見込み客の掘り起こしや教育をイメージする方が少なくはありません。広告費用を投じて集めた顧客に対し、ステップ形式で教育を施すことによる成約率の向上には、興味を抱く方が多いことでしょう。売り上げ機会を増やすことに注目する傾向がありますが、マーケティングオートメーションには売り上げ向上だけでは無く、顧客情報を蓄積出来るメリットも存在しています。 社内に顧客情報が溜まっていくことは、キャンペーンの際に有益な情報源と成り得ます。年齢や性別などの属性情報や嗜好に基づいた的確なアプローチを行えるからです。営業活動の自動化と共に、有益な顧客情報を蓄積出来るのも、マーケティングオートメーションを活用することにより得られるメリットなのです。

顧客情報の格納方法を検討することも大切

マーケティングオートメーションを導入する際には、成約へ結びつけるためのシナリオ構築だけでは無く、顧客情報の格納方法を検討する必要もあります。自社の商材に興味を持った顧客の情報を、全て保存しておいてはデータ量が膨大となってしまいます。繁忙期が訪れた際や、売り上げを計上したいと考えたタイミングに、スムーズに活用できるデータ形式であることが大切です。自社に発生したリードを、的確に分類することさえ出来れば、保存しておくべき情報は見えていくものです。多くのシステム納入業者では、事前に受けることが可能な無料相談会を開催しています。自社のビジネスモデルに相応しいデータの持ち方を含めた形で相談を行っておくのも良いでしょう。