マーケティングオートメーションのコストが上がりがち

マーケティングオートメーションに頼って見込み客の掘り起こしをするとコストの問題が生じやすいので注意しましょう。マーケティングオートメーションは自動化できるのが魅力ですが、見込み客にアプローチするときにコストが発生する方法を使うときには気を付けなければなりません。その方法でアプローチをしても購買意欲が高まらない見込み客の場合には、継続的にコストがかかるだけで売り上げにつながらないからです。どの時点でコストのかかるアプローチを断念するかは自分で設定しなければなりません。使い方を正しく理解できていないとコストが上がって後悔してしまうこともあるので、マーケティングオートメーションを使うときには注意が必要です。

機会を見てアプローチを転換することも重要

マーケティングオートメーションでは機械的なアプローチなので良い印象を受けない人もいます。ちょっと興味を持ってくれたタイミングで、個別にダイレクトメールを送ったり、電話をかけたりするなどのマーケティングオートメーションに頼らないアプローチも併用するようにしましょう。マーケティングオートメーションによるアプローチでは個人が意識されていないという印象を受ける人もいます。しかし、直接メールや電話などが来ると顧客として大切にされていると感じてもらえます。このように機会を見てアプローチを転換することで見込み客の購買意欲が高まり、購入に至ってくれるでしょう。人の力も使ってマーケティングをするのが大切なのです。